世界の謎。多頭の蛇たち

神話は不思議である。

様々な比喩や真実が隠れていると思う。

その中でもやまたのおろちはキングギドラのように忘れられない。

その話を書く。


日本神話最大の怪物である。8つの頭と8本の尾を持った巨大な怪物と描かれている。

ヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智、八俣遠呂知)は日本神話に登場する伝説の生物。八岐大蛇は『日本書紀』での表記。『古事記』では八俣遠呂智と表記している。「オロチ」の意味として、「お」は峰、「ろ」は接尾語、「ち」は霊力、また霊力あるものとする説もあるが、蛇の古語である「ミヅチ」や、ヤマカガシを古来「ヤマカガチ」と呼ぶなどのように、「ち」とは蛇の意味とする説もある。本来は山神または水神であり、八岐大蛇を祀る民間信仰もある。

『日本略史 素戔嗚尊』に描かれたヤマタノオロチ(月岡芳年・画)

『日本略史 素戔嗚尊』に描かれたヤマタノオロチ(月岡芳年・画)

多頭の龍はやまたのおろちだけではない。

戸隠の九頭龍伝承
西暦800年代の中盤頃の話として、「学門」という名の修行者の法華経の功徳によって、九つの頭と龍の尾を持つ鬼がこの地で岩戸に閉じこめられ、善神に転じて水神として人々を助けたという言い伝えが残されている(調伏善龍化伝承)。

箱根神社・九頭龍神社にて

箱根神社・九頭龍神社にて

写真吉祥寺ホメオパシー日和 http://philiaito.jugem.jp/?eid=141


蛇をモチーフにした怪物は世界中にある。

ケツァールコアトル
アステカ神話の文化神・農耕神である。また、風の神とも考えられた。ケツアルカトル、ケツァールコアトルとも呼ばれる。マヤ文明ではククルカンという名で崇拝されていた。

ケツァルコアトル

ケツァルコアトル


ナーガは、インド神話に起源を持つ、蛇の精霊あるいは蛇神のことである。
インドや南伝仏教圏においては純粋に蛇として描かれる。
東南アジアのインド文化圏では、頭が七つある姿が多い。
元来コブラを神格化した蛇神であったはずだが、コブラの存在しない中国においては漢訳経典において「竜」と翻訳され、中国に元来からあった龍信仰と習合し、日本にもその形式で伝わっている。

ナーガ

ナーガ

ヒュドラー
ギリシア神話に登場する怪物である。
草食恐竜のような巨大な胴体と9つ(5から100までの異説がある)の首を持ち、一本の首を切り落としても、すぐにそこから新しい2本の首が生えてくる。絵画などでは前足と後ろ足、翼を持った姿で表される事も。

ヒュドラー

ヒュドラー

メドゥサ
宝石のように輝く目を持ち、見たものを石に変える能力を持つ。かつては見た者を恐怖で石のように硬直させてしまうとされていたが、途中から現在知られている形に解釈される。頭髪は無数の毒蛇で、イノシシの歯、青銅の手、黄金の翼を持っている(腰に蛇をまいた姿や、イノシシの胴体と馬の下半身になった姿で描かれる事も)。

メドゥサ

メドゥサ

エデンの園の蛇
蛇が女に近付き、善悪の知識の木の実を食べるよう唆す。女はその実を食べた後、アダムにもそれを勧めた。実を食べた2人は目が開けて自分達が裸であることに気付き、それを恥じてイチジクの葉で腰を覆ったという。

エデンの園の蛇

エデンの園の蛇


各時代、世界各地に蛇の怪物が存在する。

なぜだろうか。

色んな可能性が考えられる。


1番目に蛇の姿をした宇宙人が、人類創世記に登場したという説明である。

数ある生物の中から、なぜ蛇という生物を特定しているかという説明が容易だ。

ばかばかしいと、思う方は沢山いるだろう。

しかし、否定する証拠はないのだ。


過去読んだ記事の中で、人類が蛇を恐れる理由は、人類がまだ小動物だった時期に、蛇に襲われ続けた恐怖が遺伝子に組み込まれたからだという。

最近の説では、アフリカのイブという一人の女性から人類はスタートしたといわれている。遺伝子や無意識という説明も、完全に払拭できないだろう。

これにはカール・グスタフ・ユングの個人を超え人類に共通しているとされる集合的無意識(普遍的無意識)の分析というのもある。

カール・グスタフ・ユング

カール・グスタフ・ユング

ユングの患者であった精神疾患者らの語るイメージに不思議と共通点があること、またそれらは、世界各地の神話・伝承とも一致する点が多いことを見出したユングは、人間の無意識の奧底には人類共通の素地(集合的無意識)が存在すると考え、この共通するイメージを想起させる力動を「元型」と名付けた。また、晩年、物理学者のウォルフガング・パウリとともに共時性(シンクロニシティー=意味のある偶然の一致)に関する共著を発表した。

今私たちは、色んな謎を自分たちが知っている知識の中で、自分が理解しうる範囲で納得させようとしている。

しかし、最近の研究やニュースを読むと、もっと違ったアプローチが大切だという事を感じている。

例えば、リーマン予想である。

ドイツの数学者ベルンハルト・リーマンによって提唱された、ゼータ関数の零点の分布に関する予想である。数学上の未解決問題の一つであり、クレイ数学研究所はミレニアム懸賞問題の一つとしてリーマン予想の解決者に対して100万ドルの懸賞金を支払うことを約束している。

数学者ベルンハルト・リーマン

数学者ベルンハルト・リーマン

私は数学者ではないので説明が出来ないが、先日のNHKの番組で量子力学の分野に一つの解決のヒントがあるという。

私も何冊か読んではみたが、理解までは至っていない。


やまたのおろちと量子力学の接点は不明だが、ユングのいう集合的無意識は存在するのかも知れない。

量子力学の中に「量子もつれ」という現象がある。

量子多体系において現れる、古典確率では説明できない相関やそれに関わる現象
ウィキペディア

遠く離れた2つの量子は距離に関係なく、関係を持つことが出来るという現象だと理解している。

この作用により、量子テレポーテーションが実現されている。


まるでSFの世界なのだが、私たち日常のミクロの世界の出来事だ。

「そんな事はあり得ない」と考えないように心がけたい。

だから、やまたのおろちの伝説に宇宙人や集団心理を持ち出さなくても、実際に奇形種がいたと考えたほうがいいかもしれない。

双頭の蛇

双頭の蛇

真実は量子力学のように、もっと身近にあるのかなと思った。


怖くてびっくりな奇形動物(画像集まとめ)
http://ailovei.com/?p=18083

アトエクサ
http://niyas.xsrv.jp/attoexa/2011/03/two_headed_snake/

スポンサーリンク

コメント

  1. ごるご十三 より:

    はじめまして。あるところではられてたリンクからたどり着き、
    あまりの面白さに、一から読みふけっております(まだ2017年はいったあたり)。

    言及されているかもと読み進めて来ましたが、出てこなそうなので、
    先に書かせていただきます。この先にあったらごめんなさい。

    どこかで読んだ記憶なような気もしますが、蛇、龍は、己で、水で、
    川のことだと考えます。龍退治、オロチ退治は、治水工事ではないかと思うのです。

    文明は川/河沿いに生まれています。
    川のもたらす恵みに育まれますが、同時に洪水などとの戦いも生まれます。
    力あるものが治水工事を行い、川を制御する。それが竜退治、オロチ退治。
    そして、それは全ての文明で共通に発生するため、その文明を祖に持つ
    文化圏では、同じような伝説が存在するのではないでしょうか。

    と、artworks様の記事を読みながら、どんどんと脳内を整理して
    おりまして、追加で考えたのは、中国のような大河は当然龍になります。
    日本のような川では、いくつもの川が合わさって一つになり、
    氾濫するといくつもの流れとなって襲ってくる。
    これは多頭多尾のオロチの姿にも思えます。

    いかがでしょうか。

  2. artworks より:

    コメントありがとうございます。ご指摘のように、私も川と蛇は深く関係があると思います。日本では龍神様、中国では龍、西洋では羽の生えたドラゴンとその伝説は変遷していきます。日本のヤマタノオロチ伝説も河川氾濫や、火山の噴火による溶岩の流れ、製鉄による溶けた鉄の流れなど様々な説があり、どれもが一理ある説のようです。今の私には結論を出せるほどの見識がないため、思考を永続させている次第です。今後も時間探偵をお楽しみください。