初めての屈辱。白村江の戦いに負けてから生まれた大和魂

白村江の戦いという大戦争があった。

663年の話である。

663年(天智2年)8月に朝鮮半島の白村江(現在の錦江河口付近)で行われた、倭国・百済遺民の連合軍と、唐・新羅連合軍との戦争のことである。ウィキペディア

この戦いで、結果的に倭国は日本という国家に成長していく事になる。

白村江の戦い


縄文、弥生、古墳時代という時代は、日本の少年期である。

豊かな自然の中で、独自の生活様式と豊かな文化をはぐくんでいき、朝鮮半島南部までを、倭国は生活圏としていた。

時代は進んでいき、大きな壁にぶち当たっていく。

それが、中国大陸の情勢である。

それまで隋という国が中国大陸にあった。

そして朝鮮半島には、高句麗、百済、新羅という国が出来、比較的安定していた時期である。

隋は、南北戦乱期の中国を久しぶりに統一した国である。

結構いい事を行っており、科挙(かきょ)という官僚を選ぶ試験制度や

黄河、淮河(わいが)、長江を結ぶ運河を作っている。

腕力のない頭がいいだけの国だったようだ。


しかし、朝鮮半島北部にあった高句麗(後の高麗)を攻めあぐねていた。

高句麗は領土も大きく、強力な軍事国家だった。

朱蒙

でたらめの多い韓国歴史番組で話題になった朱蒙(チュモン)によって作られてた国である。

現在韓国では、朝鮮民族と強力軍事国家、高句麗(後の高麗)とを結び付けて語るが、まったく関係はない。

高句麗(後の高麗)は様々な異種族や亡命中国人集団などを含む複雑な社会、又は蒙古系遊牧民の混血、満州族の祖先などといわれている。

寄せ集めだが、統率力の高い広域集団暴走族の国だった。

この暴走族の高句麗は、百済と同盟を組んでいる。

百済は倭国の属国で、素直でいい奴なのだが、あんまり腕力はない。

しかし、どこかつながる部分がある友達関係だったようだ。


まあ、高句麗は中国人や朝鮮人とは違う民族だったのは確かなようだ。

この高句麗を隋は4回攻撃して失敗している。

この強力な高句麗のおかげで、朝鮮半島は安定していたとも言える。


この時期の倭は朝鮮半島に進出しており、百済や新羅を破り、倭の臣民としていた。

順風満帆とまではいかないにしろ、倭の一番いい時期だったかもしれない。


例えば、もともと利口で、運動能力も優れていた青年が、そのセンスだけで、回りの地域を仕切っていたとも言えるだろう。


隋は高句麗との争いで、疲弊していき僅か29年で滅び、新しく唐という国が出来る。

この唐は隋と一味違う。

当のシステムを受け継ぎ、より強大な大帝国へと成長していく。

唐は約300年も続き、日本にも多大な影響を与えた国である。

この唐は戦略にも優れ、頭脳もあり腕力もある広域政治結社の雰囲気がある。

この唐は、暴走族の高句麗を攻めるため、新羅を利用する。

新羅は粗暴だが組しやすい高校生番長組織のようである。

百済は隋が高句麗を攻めあぐねている間、新羅を攻めたたている。

百済は高句麗と組んでいるので、強気になったようだ。


唐にしてみれば、暴走族の高句麗と、気のいい百済を相手にしている事になる。

そこで、百済から攻められている新羅をそそのかして、高句麗を攻める事にした。

ここに、唐+新羅 VS 高句麗+百済 の抗争図が出来上がる。


唐は広域政治結社風なのでずるがしこい。

まず、百済を攻める。

百済は人がよくて明るいのだが、弱い。

唐の攻撃を受けて、なんと滅んでしまう。

そして、高句麗は孤立してしまった。

唐は高校生番長組織風の新羅とくみ、北と南から高句麗を攻める。


高句麗はもともと出身の違う混成部隊なので、旗色が悪くなると崩れるのも早い。

ついに高句麗も滅んでしまい、唐は勝利して舎弟にした新羅に朝鮮半島を任したのだ。

ここで、朝鮮半島の抗争は収まったのかのように見えたが、百済の残党が白村江に残っていた。

そして、あまりにも悔しかったのだろう。

倭国に援軍を要請してきたのである。


倭国にしてみれば、百済も新羅も子分だったのだが、新羅は寝返り唐についてしまった。

百済の悔しい気持ちもよくわかったのだ。


倭国は、腕っぷしも男気もある。

「わかった」とひとつ返事で、百済の残党がいる白村江に応援部隊を5万ほど出すのだが、敵は新羅だけではない。

そのバックの唐が存在している。

普通考えたら、新羅には勝てるが唐には数的に負ける戦である。

唐13万・新羅5万の合計18万の大軍と戦わなければならない。

しかし、倭は兵を出し戦争となった。

倭は少し調子に乗っていた感がある。

勢いで出兵したのだが、その作戦は「我等先を争はば、敵自づから退くべし」というずさんなものだった。

結果、倭国水軍はボロ負けして、多くの戦力を失い、弟分の百済も完全に滅亡してしまった。

倭国は初めての敗戦を味わった。

それもかなり手ひどい負け方だった。


それは天才長島がプロ入りして、豪腕金田に4打席連続三振を取られたようなものだったといえるだろう。

長嶋茂雄

しかし負けたからといって、唐がこのまま引き下がるとは思えないし、調子に乗った新羅も今は怖い存在である。

倭はここで一皮向けたといえるだろう。


唐に対抗するには今までの体制では駄目だ。

強力な国に作り変える決心をする事になった。

この時から、新生日本の道をスタートする事になる。


この後行われた事は、防衛体制の整備と中央集権体制への移行、そして国号の変更である。


これから日本の道は、紆余曲折の道のりである。

島国日本は、縦長い地形である。

そして、半分は大陸に向いている。

外国への防御という事を考えれば、とても困難である。


しかし、外国勢の侵略を防がなければ、奴隷国になってしまうのだ。

この守る事の困難な国を守るためにやったのが、「和を持って尊しとなす」である。

そして、大国中国と対峙していく心構えが「大和魂」と言えるだろう。

天智天皇


この日本の心の大本は、白村江の敗戦から生まれたと思う。

人は、苦難からしか学ばないものだ。

スポンサーリンク

コメント

  1. ジャップザニップ より:

    おいおい、韓国人は漢族やミャンマーで支配的なO2が五割で長江起源と考えられてるO1が三割で高句麗を建てた夫余等のツングース系を特徴付けるハプロC2は15パーくらいであり(ちなみに北朝鮮はあんな具合だから未調査だが高句麗は現在の満州から北朝鮮にかけてあったため韓国と満州の中間程度の比率と思われる)、満州族はO2が四割弱でO1が15パーでC2は25パー程度と支配的なのはO系遺伝子だから高句麗は満州族の直系の祖先なんじゃなくて祖先の一つってだけだろ。
    そもそも縄文土人のご先祖様はタスマニア族とともにヨーロッパ人の渡来まで唯一火起こしの術を持ってなかったクセに全身に刺青してるガチ土人のジャラワ族であるが(現代の倭人に四割ほど出ているが縄文土人と元々同グループだったアイヌ・琉球族にはこの数百年で倭人との交配の進んだ現在でも倭人より多く見られるハプロD2の遺伝子を持っている(ちなみに唯一ジャラワ等のアンダマン人だけがD遺伝子の祖型であるD*遺伝子をほぼ100%持ってるうえにジャラワと同じく倭人伝に男は年・身分に関わらず黥面文身(全身刺青)施してる土人だって書かれてるからこの土人と大陸の落ちこぼれのミックスね))が、あくまで四割しかなくO2とO1のほうが多く大陸から後々渡ってきた勢力が五割以上を占めたりと、ずっと引きこもりに近かった劣島ですらこんなんなんだから民族は血(統)じゃなくて地(理)で決めないと。
    あと何故か白村江が最初の敗戦になってるがそれ以前の倭・高句麗戦争において倭軍に都市を攻め入られた新羅の求めに応じて救援を送り倭軍を蹴散らしちゃったろ。そもそも新羅・百済を下し臣民としてた最大の根拠になってる広開土王碑文というのはこの倭・高句麗戦争における高句麗が大勝利をおさめたことを称え造られたものだぞ。