新デジカメ写真術
デジカメレッスン初級編 祭りを撮る

長崎県諫早市でのんのこ祭りが開催される。 僕はホームページの運営を商工会議所から依頼されているので、 2日間、張り付いて記録用写真とホームページ用写真を撮影する事となった。 祭りを撮る時のコツ バックは1つ 軽快に動けな […]

続きを読む
デジカメレッスン中級
デジカメレッスン中級編 写真屋さんに出してみよう。

仕事でプリントしなくてはならない場合、通常は写真屋さんに出します。 自分のプリンターでやってもいいのですが、やはり出来上がりは写真屋さんのほうがきれいです。 集合写真など、下に文字を入れたものも出せますので、枚数がや多い […]

続きを読む
デジカメレッスン中級
プロは中型カメラがメイン

今まで話している内容は、ほとんどが小型一眼レフカメラの話ばかりでしたが、実際の仕事となると、中型カメラが大活躍します。 中型カメラとは、ブローニーフィルムを使えるカメラで、6X6 6X7 6X9(サイズはセンチ)というフ […]

続きを読む
デジカメレッスン中級
デジカメレッスン中級編 デジタル一眼レフの画角は、フィルムカメラの1.6倍

これは、フィルムとCCDの大きさの問題で、僕も最初デジタル一眼レフを使った時に、びっくりしたものです。   カメラパーク | Camera Park   例えばフィルムカメラで200mmのレンズを使っ […]

続きを読む
新デジカメ写真術
デジカメレッスン中級編 花火の撮りかた

花火大会が先日ありました。 とてもきれいな打ち上げ花火で、美しさを堪能しましたが、一緒にいった子供たちは「パパ どうして写真を撮らないの?」となじられ、携帯のカメラで勝手に写していました。 何も装備を持ってきていない僕は […]

続きを読む
デジカメレッスン中級
デジカメレッスン中級編 フィルターの使い方。

フォトショップで何でもできるはずだが、やっぱりレンズに直接つけたフィルターの効果は捨てがたいですね。 僕がよく使っていたフィルターはPL(偏向)フィルターです。 ポラライザーと呼びます。 原理は光の方向を制御できるので、 […]

続きを読む
デジカメレッスン中級
デジカメレッスン中級編 商品撮影のテクニック

ホームページで商業用の商品を載せるため、商品を撮影する場合、少しでも見栄えよく撮れると売り上げに大きく響くものです。   これらの写真はプロカメラマンの独壇場といってもいいのですが、 普通のデジカメでも、ライテ […]

続きを読む
デジカメレッスン中級
デジカメレッスン中級編 証明写真を撮影する

バックはパソコンで完全にきれいになると、思い込んでいる人がいますが、 こみ入った背景などは自然な感じで無地にする事はかなり困難な作業です。 結局不自然に仕上がってしまう場合がありますので、 最初から背景は無地のものを使い […]

続きを読む
新デジカメ写真術
デジカメレッスン初級編 子供を撮影する

いろんなケースがありますが、基本はシャッターチャンスのよさでしょう。 デジカメの場合、フィルム代がかかりませんので、気軽にどんどん撮影しましょう。   小さい子供を撮影する時は、やはり子供の目線で撮影する事を心 […]

続きを読む
新デジカメ写真術
デジカメレッスン初級編 ファインダーがいいか、液晶モニタがいいかという点

僕は最初、液晶モニタ付きのデジカメを見た時、 液晶モニタというのは撮影時の画像を確認するためだけにあると思っていました。 しかし、最近これがファインダー代わりに使用している人が多い事に驚きました。   確かに大 […]

続きを読む
新デジカメ写真術
結婚式で撮影する。

結婚式の撮影の場合、失敗とまではいかないけど、難しい撮影が有ります。 それはスポットライトがついた時の撮影です。   入場、ケーキカット、キャンドルサービスなど ドラマチックな演出にはスポットライトが良く使われ […]

続きを読む
新デジカメ写真術
デジカメは楽です

プロの世界では、印刷物に使用する写真を撮るときには、リバーサルフィルムを使います。(スライドフィルム) リバーサルはネガフィルムと違い、露出の許容範囲が狭く、露出決定の時に、各自いろんな技を持っています。 つまり、難しい […]

続きを読む
新デジカメ写真術
三脚は良いのを1本持っておこう

一般の方は三脚を持っていない方が多いが、これは必需品である。 小さい三脚は携帯にはいいのだが、役に立たないことが多い。 すべて伸ばして、2メートルほどあるのがちょうどいい。   僕も撮影の時は2本持っていくが、 […]

続きを読む
新デジカメ写真術
ポートレートを撮ろう

逆光は写真の大事なパートナー 何気ない表情でも、光の当たり方で、雰囲気が一変する時があります。 僕が好んで使うのは、逆光のシーンです。 髪の毛が柔らかい人にはとても効果的で、天使のような表情になります。   写 […]

続きを読む
新デジカメ写真術
うまくなりたかったら望遠レンズを使え

プロのカメラマンが商品撮影やポートレートを撮る場合、ほとんど望遠系レンズを使います。 商品撮影の場合、標準か中望遠レンズ(アナログカメラの80mmから100mmぐらい。   デジタルの一眼レフなら50mmから8 […]

続きを読む
新デジカメ写真術
ISO感度

フィルムには撮影の時にあたる光に対して、種類により高い(強い)か低い(弱い)かの感度を持っていて、その度合いを国際的な共通規格のISO感度として定めたものです。 このフィルムの感度はISO400といういい方をします。(旧 […]

続きを読む
新デジカメ写真術
どんなカメラを選べばいいのでしょうか。

どんなカメラを選べばいいのでしょうか。(目的別編)     例えば、旅行をするとします。それならば「小さくて簡単な初心者用デジカメ」が最適です。 まず小さいので持ち運びが楽です。 めんどくさい設定がないので気軽 […]

続きを読む
新デジカメ写真術
デジタル写真の整理術 写真の上手い人は削除上手

カメラの中に写真データーを置きっぱなしにしない。   今までのフィルムカメラの影響でしょうか。 撮影した写真を、カメラの中にずっと置いている人が多いものです。 メディア(デジタル画像を保存しているもの)のなかはいつもから […]

続きを読む