プロの世界では、印刷物に使用する写真を撮るときには、リバーサルフィルムを使います。(スライドフィルム)

コダックのカラースライドフィルムと紙製マウント

コダックのカラースライドフィルムと紙製マウント

リバーサルはネガフィルムと違い、露出の許容範囲が狭く、露出決定の時に、各自いろんな技を持っています。

つまり、難しいんですね。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

今でも大型ポスターなどは、ポジが主体でしょう。

フィルムの管理も大変で、フィルムのエマルジョンナンバーが違うと、発色が微妙に異なり、フィルムはまとめて通しナンバーで買い、冷蔵庫へ保存していました。

使うときは前の日に出しといて、水滴がつかないようにしていました。

 

今はポジで撮影する仕事をほとんど請けていません。

あの気の使いようと、現像があがるまで、結果がわからないポジの仕事は、神経をくたくたにさせてしまいます。

 

デジカメは、撮影したらすぐわかるので、楽ですね・・

カメラがデジタルになってこれが一番嬉しかったのでした。

常用カメラ キヤノン EOS 7D

常用カメラ キヤノン EOS 7D