花を撮っても平凡に写るのはなぜ?

花はとてもすばらしい写真の素材です。

見るととても綺麗なんだけど、写真に撮ると平凡になってしまう。

そんな、悩みは意外と多いもんなんです。 なぜでしょうか。

 

目のしくみとはたらき

目のしくみとはたらき

それは脳と目の仕組みにあります。僕たちは何気なく景色を見ます。

その時は広くみているのです。

つまり人間の目は自動的に広角レンズになっているのです。

ところが綺麗な花を見つけると、その花に注目します。

そうすると人間の目は、自動的に被写体を拡大して見ているのです。

つまり望遠レンズになっているのです。

さらに、綺麗な花以外は見えなくなってしまいます。

周りの雑多なものも見えているはずなのに、花だけしか見えなくなっているのです。

 

記念写真を撮影したら頭が切れていたとか、人物が端っこに写っていたなどはこの現象のせいなのです。

不思議ですね。

人間の見え方というのは心とシンクロしているんです。

カメラは機械ですから、人間の心についていけないのです。

人間の見た目とカメラの見た目が違うのはこのためなんです。

カメラという道具をもっと自由に使いましょう。

 

花を撮影する時、皆さんは、大体立ったまま上から撮影しますが、 そうすると説明的になってしまい、その時の花の美しさの感動が、写真に写りにくいのです。

そこで、色んな生き物の気持ちになって撮影してみましょう。 まずは蟻の目線で花を撮ってみましょう。

つまりローアングルです。

1

そこで、花壇の花の下にカメラをつっこみ、アングルは感で撮影しました。

適当に何枚か撮った中の1枚です。

何気ない白い雛菊でしたが、青い空と太陽の光を通して見える花びらは新鮮で、アート作品のようになりますね。

ローアングル

ローアングル

次は猫の目線で撮影してみましょう。

花が横並びで、遠くの花はぼけていてやはり雰囲気のある写真になりました。

2

どうでしょうか。カメラの設定はすべてオートです。

僕たちは、近づいたり離れたりは、無意識のうちにするのですが、立ったりしゃがんだりという動作は、意外と思いつかないんですね。

 

色んな生き物の気持ちになって撮るというのは、自由な見方をしようという事なんです。

携帯のカメラも小型のデジカメも、ファインダーがない(大きなモニターがその代わり)ということは、 実は革命的な事で、アングルは大体でいいのです。

どんな風に写っているかは、撮ってすぐファインダーで確認すれば良いし、 多少傾いていても、画像処理ソフトで治せばいいのです。

いっぱい駄目な写真があっても、削除すればいいんですから。

写真の極意 

その1 

自由な思考が、身近にある被写体を劇的に変化させるのです。まず自分の見方を変えてみましょう。

さて、自由になった心ですが、花は何時撮ったら一番綺麗に見えるのでしょうか・・・それは次回に。

2-pl01