宮城県の日本三景の松島湾 遊覧船で島々を回りました。

天気は雨を偶然避けて、つかの間の快晴。

遊覧船はカモメのえさやりを売りにしていて、確かにものすごい数のカモメが、 客のやる「河童えびせん」に群がってきます。  

 

空を飛ぶ鳥の撮影は難しいのです。

望遠で狙いたいところだが、鳥の飛ぶスピードは思ったより早い。

そこで、カモメを追い回すより アングルを決めて、そのアングルに入った被写体を撮影するという方法に変えました。

スピードのある被写体を撮影する場合待ち伏せは有効です。

カモメ

 

待ち伏せが有効な場合は、意外と多いものです。

 

スポーツ ステージ写真  

待ち伏せを有効な撮影方法にするには、予測することです。

正確に相手の動きを予測できた時、絶妙なアングルで素晴らしい瞬間を撮影できます。  

 

予測する事で技の精度が上がるのは、カメラマンだけではありません。

剣道などの武道やスポーツなどは、ほとんどこの予測が必要です。  

いわゆる勘がさえた状況が、最強になるのです。

 

その為には被写体を観察します。

そして、その動きの癖をいち早く見抜くことです。  

相手の動きを追いかけるだけでは、いいシャッターは切れません。

偶然に頼るのではなく、必然のシャッターチャンスをものにするには、オートフォーカスに頼り切った撮影ではなく マニュアルのピント合わせも大切になります。  

 

星飛雄馬の大リーグボール1号

 

それこそが、写真の一つの極意となります。