浅岡ルリ子

仕事が忙しくなって、なかなか描くことができなくなった。

せっかく描き始めたので、続けたいと思う。

鉛筆画は好きである。

手軽だし、ちゃんとした絵を描く技巧は僕にはない。

油絵とか水彩画はハードルが高い。

まあ、ゆっくり書き続けていくつもりである。

続けることで、わかる事があるかもしれない。

人生すべからく続けることでしかわからないことが多いものだ。

浅丘ルリ子さんは絶世の美人である。

 
個性的で、立ち振る舞いも女優だと思う。

今の人は化粧の濃いおばさんとしか思っていないと思うが、

最近のオンデマンドの映画で見ると、その美しさは際立つ。

 

 

人は年を必ず取る。

アンチエイジングなんて嘘っぱちである。

年を取ると、どんな美しさも朽ち果ててしまう。

しかし、それが当たり前なのである。

 

良い年の取り方なんていうものはない。

これは投げやりになって言っているのではない。

現実なのだ。

 

 

しかし、それでもいいではないか。

彼女は、あの時代、誰よりも美しかった。

思い出ではない。

事実だったのだ。