カメラの中に写真データーを置きっぱなしにしない。  

今までのフィルムカメラの影響でしょうか。

撮影した写真を、カメラの中にずっと置いている人が多いものです。

SDカード

SDカード

メディア(デジタル画像を保存しているもの)のなかはいつもからの状態にしておきましょう。

こうする事で常に、メディアの容量一杯の枚数が取れるものです。

せっかく大容量のメディアをデジカメに装着しているのに、いざという時に容量がなくなり、前撮影したデータを消したりしなくてはならなくなります。

撮影した写真データは早めにパソコンの中に移しましょう。  

デジタルカメラを持つと、あっという間に写真の枚数が増えていくものです。

ハードディスクに余裕のある人はいいのですが、そうでない方は小まめにCDなどに保存しましょう。

 

まあ、それでもどんどん写真はたまっていきます。

究極の整理の方法は削除です。  

必要でない写真はどんどん削除しましょう。

 

削除

削除

撮影してしまうと、後でその写真を見ない方も結構います。

自分が撮影した写真をじっくり見れば、いろんな失敗がよくわかるものです。

撮影した記憶が新しいうちに、もう一度見直しましょう。

そうすると、削除してもいい写真が、結構あることに気付くのです。

 

写真を削除できるかたは、しっかり写真を見ている人で、必ず上達するでしょう。  

いらない写真も減り、パソコンの容量も節約でき、更にうまくなるのです。

まさに一石二鳥の整理術でしょう。