ビットマップグラフィック ビットマップとは、ドットで構成された図形のことをいい、写真データが代表的です。

拡大すると、画像が粗くなるのも特徴です。

このデータには解像度という概念があり、ピクセルの数で大きさが存在します。

解像度

 

写真などはビットマップといったり、ペイント系といったりしますが、ドットで出来ていますので、サイズというのがあります。

画像の大きさはピクセル数で決まります。

 

それと重要な解像度というのがあります。

プリントした時の大きさは、ピクセル数と解像度で決まりますので、それをちゃんと設定しないと、綺麗に印刷できません。

わかりにくいので詳しい説明は、実技の時にします。