西日本新聞2020/3/28
JR長崎駅28日移転、高架化 「100年に1度」の大変革 浮揚へ期待
 

新長崎駅

私の朝の日課であるウォーキングの際に、今日からスタートする新長崎駅を歩いてみた。
 
自宅の旭町からだと、旭大橋の歩道を歩いていけば、歩いて10分くらいになった。
 
新しい駅は、浦上川側に移動したのだが、歩いてみるとすごく近くなった感じである。
 
長崎バスの駐車場で階段を降りると、目の前に広がっている。
 

新長崎駅

新長崎駅 結構長い建物だ

「100年に1度」とされる長崎の大変革と言われているが、私の生きてるうちに、浦上川側に駅の入り口ができるとは思わなかった。
 

新長崎駅

新長崎駅 西口

この入り口は西口となり、これまでの入り口は東口である。
 

新長崎駅構内

新長崎駅構内 朝早いのにテレビクルーや報道系カメラマンが多かった

新長崎駅構内ファミマ コンビニも開店している

コンビニはファミリーマートで、店舗名が銘品蔵(めいひんぐら)長崎駅店という。

銘品蔵(めいひんぐら)とは、JR九州リテール株式会社がやってるお土産屋の事だ。

新長崎駅構内 改札口

新長崎駅構内 正面に入り右側が改札、左側が旧長崎駅への通路

高架下を通り、旧長崎駅へ歩く

新長崎駅構内から旧長崎駅に渡る歩道

昔の線路の行き止まり

旧長崎駅入り口 東口になる 旧から新への距離は体感100メートルほど

新長崎駅 パノラマ 右手が長崎県庁

旭大橋から 左が稲佐山、右が県庁。中央やや右が新長崎駅

さて、コロナ恐怖の中での船出である。
 
色々皮算用を長崎市はしているのだろうが、先の事はだれも予測できない。
 
これからさらに色んな建物が建つのだろう。
 
うまくいけばいいけどな・・・と憂いている。