原付50CC

長崎市内の神社を原付50CCで撮影していた。

市内の神社をだいたい撮り終えて、大瀬戸や野母崎、諫早方面を回り始めたのだが、ここで原付50CCの限界を痛感する。

原付50CCといっても最近の機種だったのでスピードも出るし、馬力もそこそこある。

しかし原付50CCの弱点は、法定スピードが30キロと決められている事。

さらに馬力がないので登坂能力が低く、山間部の遠出には向いていない。

そこで随分悩んでいた。

遠くなら車で行けばいいのだが、神社は町中にあったり山の中にあったりと、バラエティーにとんでいる。

また車は駐車スペースがいるので、目的地についても、そう簡単に狭い道路に止めることができないのだ。

そこでバイクのグレードアップを考えていた。

ただ原付50CC以上のバイクに乗るには、免許を新たに取る必要がある。

さらに原付50CC以上のバイクは値段も30万前後もする。

私の年齢は66歳である。それほど人生が残っているとは言い難い。

この歳になって自動車学校に行くのはかなり抵抗がある。

だけど・・・。その思いの繰り返しが何ヶ月も続く。

私の性格は諦めが悪い事。

ウジウジと考えていたが、大瀬戸方面に撮影に行った時、私の原付き50CCを次々と抜いていくバイクと車の群れに、さらされてしまった。

その時、吹っ切れた。

よし。自動車学校へ行くぞ!

金はなんとかなるだろう。後は心が折れないことだけだ。

そして次の日、自動車学校に電話をしてしまった。

自動車学校