長崎は暑い。

いろんな観光名所はあるけど、夏長崎で泳ぐのもいいですよ。

長崎市内から2時間ほどかかるけど、長崎も南国のはしくれ。

日本の西の果てで泳ぎましょう。

やはり車で行った方がいいけど、バスもあるので田舎道をちんたら行くのもいいかも。

まず海水浴場なら野母崎の途中にある高浜がいい。

高浜

高浜

近いし、以外と綺麗。

遠浅なので子供も安全。

もう少し行くと右手にあの軍艦島が見える。

軍艦島

軍艦島

ここから見ても、結構軍艦に見える。

アメリカ軍が軍艦に間違えて砲撃したというのは嘘で、日本海軍の戦艦「土佐」に似ていると日本人が言っていたというのが本当。

正式名は端島(はしま)という。世界遺産の関連施設で、今長崎で1番人気。

 

もう少し行くと夫婦岩である。

a015

 

ここまでくると後30分くらいで脇岬へ着く。

c011

写真だと狭い感じだが結構広い。

遠浅だが、結構波があるのでサーファーもいる。

c014

夕方になると夕日も綺麗である。

海の家もあるので海パンとタオルだけでOK。

 

野母崎は歴史的に見ても重要なポイントで、古いお寺もあり歴史的価値の高い場所である。

西の果てなので、定番の灯台もある。

d013

ここから先はづーっと海である。

d014

 

もう一つ大ウナギがいる。

島港奥に南方産のオオウナギが棲む井戸がある。熱帯性オオウナギの生息北限地として大正12年に国の天然記念物に指定にされているオオウナギのなかには、全長159cm、胴回り47cm、重さ14.2kgという巨大なものも生息しているという。

 

c027

 

c031

これが大ウナギである。

小さな水槽の小屋があり、見ても結構しょぼいのだが、確かにいる。

泳ぎに飽きたらどうぞ。