いわさきちひろさんの絵を描く

スポンサーリンク

いわさきちひろさんの絵の模写

いわさきちひろさんの絵を模写してみた。

水彩の童画を一度描いてみたかったからだ。なんとなくそれっぽく描けて、やや嬉しい。

ただ、内面的なものはなく、やはり模写は模写である。

いわさきちひろ – 平凡社

いわさきちひろさんはハンス・クリスチャン・アンデルセンに深い思い入れがあり、紙芝居ほか色んな作品を描いていた。

当時の日本では、絵本というものは文が主体で、絵主体ではなかった。いわさきちひろさんは、仲間と絵で展開する絵本制作を推進していく。そして賞を取り、絵本画家としての人気を不動のものにした作家である。

水彩画の透明感は好きである。

繊細なデッサンと淡い色彩は、絵本や挿絵にぴったりだ。

簡単そうだが、現実に描くとすればそれなりの道具が必要だった。

それを簡単に実現してくれるのが、デジタルのアプリである。

今回使ったのは、アドビスケッチというアプリである。

Draw-and-Sketch

フォトショップのアドビ社が出しているアプリなので、無料だが完成度は高い。特に水彩画には定評がある。

使ってみて驚いた。

色を付けた箇所が自動的に滲むのである。そしてその滲みを止めるファンという機能がある。

描いていても楽しい。

もう少し、水彩画もどきで遊んでみたい。