かき道は、漢字では蠣道と書く。蠣は食べて美味しい貝の牡蠣のことだ。

貝なのに虫偏がついている理由だが、この虫は昆虫の虫ではなく、鳥・獣・魚以外の動物を指す。

なので蛤(はまぐり)、蜆(しじみ)などの貝類のほか、蛇にも虫の字が入っている。

公園の奥にある稲荷神社

かき道の町名の由来ははっきりしていないが、おそらく牡蠣が絡んでいる事は容易に想像がつく。

この地域は大幅に埋め立てられ、昔の地域がよくわからないが、そんな時神社が一つの目印になる。

神社は、その信仰で移動させることがあっても、壊したりはしないのだ。

新興地には神社が殆どないし、神社がある場所は昔栄えていた場所でもある。

かき道の稲荷神社も昔からここにある神社なのだ。

稲荷神社

稲荷神社の杜

稲荷神社

稲荷神社

稲荷神社

稲荷神社

稲荷神社

場所は、矢上団地近隣公園の奥にある。

立派な石造りの鳥居の奥には、複数の稲荷神が祀られている。

境内にも三体の稲荷と書かれている石碑があった。

それ以外にも石の祠があり、毘沙門の小さな石像などが祀られている。

稲荷神社境内

毘沙門の石像

稲荷神社境内にある石碑

つまり、この場所は聖地であり、様々な神様や仏様が祀られているは場所である。

かき道はどんどん新しくなっていくのだが、やはり昔からある聖地を残しているのはいいと思う。

なぜなら昔から神社のあった場所は、災害が少ない場所だからだ。

稲荷神社の境内にある木

稲荷神社