日枝神社・白髭神社

日枝神社・白髭神社

日枝神社・白髭神社

日枝神社・白髭神社

日枝神社・白髭神社

場所は長与港の長与町総合公園 ふれあい広場の近く。
 
神社から海が見える。
 
背の低い鳥居の神額には白髭神社、日枝神社と並べて書かれている。
 

日枝神社・白髭神社 狛犬

日枝神社・白髭神社 狛犬

狛犬が配置されている場所には、石塔とその上に肥前狛犬らしきものが乗っている。
 
肥前狛犬とは佐賀県と福岡県、長崎県、熊本県の一部に分布しており、16世紀後半から18世紀後半(160~170年間)に制作されたもの。
 
素朴すぎる狛犬に目が行く。
 
創立は正保3(1646)年、祭神は武内宿弥、大山咋命(おおやまくいのかみ)。
 
大山咋命は大山に杭を打つ神、すなわち大きな山の所有者の神をいう。
 
近江国の日枝山(ひえのやま、後の比叡山)に鎮座しているので日枝神社と名付けられている。
 
日枝神社は長崎市内にはなく、琴海あたりに二箇所あるようだ。山の神様なのに長与では海のそばである。
 
少し違和感がある。
 
白髭神社の祭神は武内宿弥だということは、当然神宮皇后伝説から来ているのだろう。こちらの方は無理がない。
 
日枝神社と白髭神社の創建の由緒が不明なのだが、この地域は大村藩の管轄だったと思う。
 
大村は日本初のキリシタン大名であり、その傾倒ぶりは、神社仏閣の破壊でも名を轟かせている。
 
想像だが、どこかにあった日枝神社がキリシタンによって破壊され、この場所にあった白髭神社に合祀されたのではないだろうか。
 

日枝神社・白髭神社

日枝神社・白髭神社 神殿

日枝神社・白髭神社 神殿の入り口にもしめ縄

屋根の上の唐獅子

日枝神社・白髭神社 境内

日枝神社・白髭神社の境内から海が見える

この神社の屋根には、飾りの唐獅子がある。
 
基本、神社の屋根には飾りはない。たぶん、ここは神仏混合の神社だったのだろう。
 
あと一つ、神殿の入り口にもしめ縄が張ってあった。これは珍しい。
 
神様が二人いるからだろうか。
 
想像だけの推理である。