タイムマシン完成

天才的な頭脳を持った若い博士がいた。

彼はついにタイムマシンを完成させた。

「やったぞ、アインシュタインの相対性理論から、導き出された方法で時間旅行の夢を実現させたぞ」

彼の研究室には人間が入れるような、卵形の機械がおいてある。

「まずはテストだ。まずは60年後の未来に行くとしよう」

博士は、卵型のタイムマシンに乗り込んだ。

「さー、歴史的実験の始まりだ」

そう叫ぶと、スタートボタンを押した。

卵形のタイムマシンは、猛烈なスピードで回転を始めた。

なにせ、光速を超えなければいけないからだ。

そして、タイムマシンの回転が止まった。

扉を開けて、博士が出てきた。

しかし、博士は年老いていて、よぼよぼしている。

「実験は成功したが、思っていた事と違っていたな。

確かに、時間は相対的だったが、タイムマシンで時間を早めると、自分の時間だけが早く進むのだ。

何故こんなに簡単な事にきずかなかったのか。

何事も、やってみないとわからないもんだな」

年を取った博士は大きくため息をついた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする