短編一覧

スポンサーリンク

タイムマシン完成 Ⅱ

天才的な頭脳を持った博士がいた。   彼はついにタイムマシンを完成させた。 「やったぞ、アインシュタインの相対性理論から、導き出さ...

導くもの

  漁のため一艘の丸木船が海を漂っている。   太陽は沈み回りは真っ暗になっている。   少し潮に流されたらしく陸が見...

便利なタブレット

政府は高齢化対策の為にタブレットを使う政策を打ち出した。   山間部や過疎地のおじいさん、おばあさんの為にタブレットを配り、買い物や病気...

宇宙からの便り

「今年はこのバラ達は、咲かないのかね」 「そうねー。残念だわ。他の花も元気がないね」 「もしかしたら、肥料が良くないのかもしれな...

蜘蛛の糸

血の池地獄に極悪人がもがいている。 この極悪人は、生前非道の限りを尽くしてきた。 結局、強盗殺人を働いていて、仲間との内輪もめで...

タイムマシン完成

天才的な頭脳を持った若い博士がいた。 彼はついにタイムマシンを完成させた。 「やったぞ、アインシュタインの相対性理論から...

遺伝子裁判

晴れ渡るソラから、大きな宇宙船がやってきた。 突然である。 地球中は大騒ぎになった。 宇宙人が降りてきた。 「地球人...

炎上

それは一人のフェイスブックから始まった。 自称アーティストの彼は、色んなページにいいねを押して回り、友達を増やし悦に入っていた。 ...

人望の条件

2050年。ついに人間のクローン実験が成功した。 主体は日本の政府と企業サニー工業。 実験責任者は帝都大学中村博士。 クロ...

忘却の薬

彼は真面目な印刷職人である。 家が貧しかったので中学を卒業してすぐ町の印刷屋に就職する。 勉強は出来なかったが真面目な性格で、一生懸...

卑猥な宇宙人

2020年、宇宙人から国際宇宙センターに通信が入った。 「友好関係のために地球に行きたい」 人類史上初めての自体で地球は...

いつか見た夢

もう何日も、食べていなかった。 いつからか頭はぼんやりとして、ほとんど考えることは出来なくなっている。 時折思い出すのは...