マンディンゴ ★★★★★ U-NEXT

マンディンゴ

古い映画である。オンデマンドなどネット系は定額料金なので、何本見ても料金は変わらない。さらにU-NEXTは、やや高いけど古い映画もたくさんあるので、大変ありがたい。

映画マニアを自負していても、見ていない映画もたくさん有る。前期高齢者になり、仕事も一線から身を引く身にとって、沢山の映画を見れる時間が有ることは嬉しいことである。

このマンディンゴというのはかなりの問題作である。

「最悪の映画」と酷評され米国で封印された問題作、あからさまな人種差別、屈辱的な内容で長らくアメリカ映画史からほぼ抹消された形になっていた。

この映画が46年ぶりにリバイバル上映されていて、U-NEXTでも見れたのは驚きである。

色んな意見が有ると思うが、私は衝撃を受けた。

ここまで、映画として表現できる人たちに感銘すら受ける。

なので★5つである。

リチャード・フライシャー監督が奴隷牧場を運営する一家の栄光と没落を描いた大作映画。1975年公開。奴隷制度をめぐって南北戦争が起きる約20年前の話である。原作は、カイル・オンストット(英語版)の長篇小説『マンディンゴ(英語版)』。続編にスティーヴ・カーヴァー監督の『ドラム』(Drum)’(1976年)がある。

題名の「マンディンゴ」とは、ハンサムで頑強な肉体を持つマンディンゴ族のことで、黒人奴隷の中で最も高価な値で売買されたという。

———————————————————
U-NEXT Amazon Prime Video Netflix NHKオンデマンド

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする