杵築大社が出雲大社と改名した理由

17条憲法

聖徳太子の17条憲法の第一条は、「和を以って貴しと爲し忤ふこと無きを宗と爲す」だ。

原文は「一曰。以レ和爲レ貴。无レ忤爲レ宗。」とある。

よく知られている文だが、後半の「忤ふこと無きを宗と爲す」の文を読んで引っかかった。

「忤ふ」という文字である。

古い文字で、音読みはゴ、訓読みは、さからうとある。

さらに調べてみると、杵(きね)の原字だった。

これにより、長年の疑問が解けたのだった。

出雲大社

出雲大社

出雲大社は古来より、杵築(きづき)の郷に由来して、杵築大社(きづきたいしゃ)と呼ばれてきたという。

ちなみに現在の住所は、島根県簸川郡大社町杵築東宮内195。

さらに「杵築」という地名の由来は「出雲国風土記」に載っている。

諸皇神達がこの大社(現出雲大社)をキヅき給うたので「キヅキ」と称するようになったと伝えている。

神社を築いたので「キヅキ」という説明である。

まあここまでは理解できる。

不思議なのは、出雲大社に改名されたのは、1871年(明治4)だという事だ。

なぜこの時期に改名したのかという説明に、他にも出雲大社には沢山の名称があり、明治に一本に統一したというのが一般的である。

ただ、複数の別名があっても、一番ポピュラーな杵築大社に何故しなかったのかが疑問として残るのである。

ご存じの通り、明治政府は、国家の宗教を神道に据え皇室の権威を高める政策を行っている。

という事は、杵築大社では都合の悪い部分があったはずである。

それを私は「杵築」という文字だと推測した。

なぜ杵築という文字がダメなのかといえば、最初に挙げた「杵」という文字が、「さからう」という意味を隠し持っているからである。

「忤」と「杵」

最初に書いた聖徳太子の17条憲法の第一条にある「忤ふこと無きを宗と爲す」の「忤ふ」は逆らうと読む。

そして「忤ふ」は杵(きね)の原字だという。

さらに「忤、杵」という漢字がなかった時代、「杵」の代わりに「午」と書いていたという。

「午」には複数の意味がある。

1、「うま」

2、「さからう」、「そむく(もとる)」

3、「交わる」、「交錯する(いくつかのものが入りまじる)」

である。

「午」は象形文字で、もちをつく時に使う「きね」の象形である。

両人がかわるがわる手にしてもちをつく、交互になる事から陰陽の交差する十二支の第七位の「うま」・「時刻では正午」を意味する「午」という漢字が成り立ちました。

「きね」の象形

漢字/漢和/語源辞典
https://okjiten.jp/kanji363.html

つまり、大きな流れを分けて、その最初が「午」だという事である。

午前、午後もそんな意味だ。

反逆という意味の「さからう」ではなく、切り替わることを意味しているのだ。

聖徳太子の時代に「忤」という字を使っていたので、それ以前は「午」という字を使っていたはずである。

杵築大社という名称は、午築大社、忤築大社と書かれていたという事になる。

だが、いろいろ調べても、そう書かれている文章は発見できなかった。

日本で漢字が本格的に使用されるようになるのは4世紀末から5世紀初め頃とされている。

十七条憲法は604年に作られているので、まだ「杵」という字はなく「忤」を使ったのである。

その時代の出雲大社は、まだ日本史の表舞台に出ていなかった。

もちろん、全然知られていなかったわけではなく、970年の子供の教科書であった「口遊」に建物の高さを比べて「雲太・和二・京三」とあるので、それなりに有名だったのだろう。

ちなみに、雲太は出雲太郎で、出雲神社の社殿。和二は大和次郎で、奈良の大仏殿。京三は京都三郎で、京都御所の大極殿のことを言う。

現在のような出雲地域の特異性の実在は、昭和58年の荒神谷遺跡発掘からだ。

荒神谷遺跡

この遺跡の発見は日本古代史学・考古学界に大きな衝撃を与え、これにより、実体の分からない神話の国という古代出雲のイメージは払拭されたとされている。

それまでは出雲大社は神話の国の話に過ぎなかったのである。

明治になり、国家神道を推進していく中で、出雲地方の杵築大社という名前に、「さからう」という意味を嗅ぎつけた官僚か学者がいたという事だろう。

そこで杵築大社を出雲大社に改名したという顛末だと推測する。

杵の字を持つ地名

出雲以外にも杵築という地名はある。

大分県の北東部に杵築市がある。この市の近くに、あの宇佐神宮がある。

宇佐神宮は八幡信仰の本拠地で古来より有名な神社なのだが、古事記、日本書記には全く記述がない。

大分県の杵築(きつき)になるのは1712年以降で、それより前は木付(きづき)と書かれていたという。

1712年幕府から藩主松平重休に与えられた朱印状で「木付」を「杵築」と誤記されていたことからだと観光案内には書かれているが、簡単な文字の木付を杵築と誤記するだろうか。

これは想像だが、昔からこの地域はもともと「杵築」だったのではないかと思う。

なぜなら、お宮を築くだけなら、築だけでいいし、わざわざ杵をつける必要がないからだ。

杵築という文字が持っている意味は、さからうである。

日本の歴史の中で、大きな変換点を持つ地域だから、「杵築」だったのだと思う。

ちなみに杵築大社(出雲大社)も、宇佐神宮も、他の神社の参拝方法とは違い、二拝四拍手一拝である。

宇佐神宮 二拝四拍手一拝

ただの偶然ではないはずだ。

それ以外にも杵の字を使った地域に、佐賀県武雄市の杵島があり、その東には長崎県の彼杵郡がある。

この地域は、古代史に土蜘蛛族がいたと記録に書かれている。

さらに佐賀県武雄市の杵島地域の近くに、吉野ケ里遺跡があり、さらに徐福伝説がある。

ただの妄想ではない「確信」がある。

杵という文字は多くの隠された意味を持っているのだ。

出雲大社の模型

コメント

  1. […] ●杵築大社が出雲大社と改名した理由 (アートワークス 時間探偵) […]