コロナ禍探求 新説シャワートイレが日本人を守っている

コロナ感染から1年が過ぎた。

ヨーロッパやアメリカは死者数も多く、パンデミックとなっているのだが、日本だけが死亡者数が極端に少ない状況が続いている。

マスコミが盛んに恐怖心を煽っているのだが、科学的根拠である数字が、日本と外国の差を明白に表している。

さて、なぜ日本人はコロナに対して感染者が少ないのかという議論が起こって入るが、明白な回答はない。

人種の違い

最近ネアンデルタール人の遺伝子が、西洋と東洋の明暗を分けたという説が出された。

ネアンデルタール人由来のDNAは現生人類の鬱病などに影響している可能性がある https://www.eurekalert.org/pub_releases_ml/2016-02/aaft-4020816.php

ネアンデルタール人より受け継がれた新型コロナウイルス感染症の重症化に関わる遺伝要因 東京都医学総合研究所
https://www.igakuken.or.jp/r-info/covid-19-info24.html

それは大きいかもしれないと思う。

「縄文人」は独自進化したアジアの特異集団だったと言われているくらいである。

日本人の特質として、動脈硬化になりにくい、胃腸のかたちが違う、骨が強いのである。

また、世界で日本人だけ海苔を消化できる消化酵素(バクテロイデス・プレビウスという微生物)を作る遺伝子を、日本人は腸内に持っていることがわかったのだ。

それに生魚、生卵を食べるのも世界では珍しい。

それほど世界とかけ離れた体質や食生活を持っている日本人である。そう簡単にコロナに負けないと思う。

日本を救うシャワートイレ

そう考えた時、日本人しか使っていない物はなんだろうかと考えた時、シャワートイレがあることに気づいた。

トイレ周辺で新型コロナウイルスが多数検出
今年2月に3711人の乗員乗客を乗せたダイヤモンドプリンセス号内で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、合計712人の患者が確認された。国立感染症研究所は5月に「ダイヤモンドプリンセス号環境検査に関する報告」を公表したが、それによれば、感染者が使用したトイレ周辺で新型コロナウイルスが多数検出されていた。
https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/fuji-kazuhiko/208.html

そうなのである。

マスクばかりに囚われているのだが、肛門からもコロナウィルスは出るのだ。

最近のニュースで、中国は外国人に対し「肛門PCR検査」を行うとあった。

これにはまいったが、中国のやり方には一理有る。

中国の一部の医師は、新型コロナウイルスの痕跡が検知可能な時間が気道より肛門の方が長いため、確実に検知できる方法だと話している。

つまり、うんこするたびに、肛門にウィルスがつくのだ。

排便後にトイレットペーパーでお尻を拭くときに私たちの手に菌やウイルスが付着する可能性はかなり高いです。

大腸菌を含む液体を少しだけトイレットペーパーに垂らしたところ、35枚通過したという試験結果もあります。

加藤篤 | 特定非営利活動法人日本トイレ研究所
https://news.yahoo.co.jp/byline/katoatsushi/20200318-00168292/

ただ、一般的な医師の説明では、ウォシュレットは使わないほうがいいといっている。

ウォシュレットは使用しないか洗浄する水圧を出来るだけ低くして、ミストの発生・飛散を防止してください。

ウォシュレットを使わないのは、「操作板に触れる回数を減らす」という意味でも、感染リスク低減につながります。

だが、現在日本でテレビに出ている医者は、あんまり信用できない。

PCR検査の実施に関しても、科学的な根拠を述べることは殆どない。

マスクのことは最大限に叫ぶのだが、ウォシュレットの危険性を声高に言う先生はいないからだ。

ウィルスは口からも出るが尻からも出る。

2つの安全対策をしたほうが、もっと安全なはずである。まあいい。

私は医者じゃないからこれ以上反論はしない。

が、

日本人にコロナによる死者が極端にいない理由の一つに、私はシャワートイレだと確信する。

画期的なトイレだが、実は世界ではあまり使われていない。

まあ、ニュースでは、コロナ禍によりアメリカのセレブの間でシャワートイレが馬鹿売れしているという記事が有るくらいである。
https://president.jp/articles/-/37758?page=3

現在80.2%普及

ウォシュレット

今では「ウォシュレット」を含む温水洗浄便座の一般世帯普及率は80.2%(2020年3月、内閣府調べ)となっている。

だが、外国では普及していない。

その理由は、現地のトイレ業界の競争、トイレとお風呂が一体化、住宅の新築が活発ではない事だという。
https://dime.jp/genre/598899/2/

つまり、お尻を洗わない人たちがたくさんいるのがヨーロッパである。

まあこれだけが、日本人にコロナによる死亡率が低い重要なファクターではないと思うが、シャワートイレが防疫に対し有効だと想像しても間違いではないだろう。

シャワートイレが80%も普及している日本人の生活は、ウィルスまでも水に流しているのかもしれない。

ちなみに、トイレットペーパーの売れ筋で1位なのは、シングルの中ではダントツの柔らかさを持つエリエール(シングル 12ロール)、ダブルではエリエール (ダブル 12ロール)だという。

ともに柔らかく、紙質も良い。

柔らかいテッシュペーパーは、肛門のヒダヒダ部分まできっちり拭き取ってくれ、更に水に溶けやすい。

さすが日本である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする