国造り神話は大和の決意を秘めている

世界各地に洪水伝説がある。

一番有名なものは、ノアの方舟である。

ノアの方舟

旧約聖書の『創世記』(6章-9章)に登場する、大洪水にまつわる、ノアの方舟物語

それ以外にも

シュメルの洪水神話

ギルガメシュ叙事詩

等がある。

世界的な大洪水があったと述べる科学者もいるが、周期的な自然災害か氷河が溶けた当初の記憶という意見が多数を締めている。


日本の場合

それでは日本はどうだろうか。

古事記や日本書紀を調べても、ノアの洪水のような大規模な洪水の話はない。

ただ、解釈しだいでは洪水や津波の存在を読み解く事が出来る。

しかし、ノアの方舟のようなドラマチックな物語はない。

同じアジアの地域には、洪水伝説が多くある。

なぜ、日本の神話にはノアの方舟のような言い伝えがないのだろうか。


アジアの洪水伝説

アジアにも程度の差はあれこそ、洪水伝説はある。

中国
『史記』巻1、『山海経』海内経、『書経』等の経籍は、夏王朝成立の頃に伝説的な洪水があったことを記す。

朝鮮
むかし、巨大な桂と天女の間で木道令(木の若旦那)が生まれた。ある日、大洪水が起きて木道令は倒れた桂の上で漂流した。

台湾・中国南部
台湾原住民のタイヤル族、サイシャット族、ツォウ族、ブヌン族、ルカイ族、パイワン族、アミ族、パゼッヘ族などの神話では、異なる洪水伝説が記録されている。


いずれも洪水はあったが、世界規模というものではなかったようだ。

日本はどうかというと、もともと災害のデパートのような日本である。

水害の話はあって当然である。

いや、べつになくてもいいのだが、世界にあって日本にないこと事態が

私にとって謎だった。


日本の災害

古代日本には下記のデータのような災害があったらしい。

しかし、文字を持っていない時代である。地質の調査で判明したデータだ。


22000年前頃 現鹿児島湾(錦江湾)北部で噴火。姶良カルデラが形成。
噴火が続いた後、現桜島の北側で大爆発を起こし、薩摩・大隅両半島と霧島山周辺の広範囲に火砕流をもたらす。火山灰は1万km離れた場所にも降下。
(日本被害地震総覧)

縄文時代(新石器時代)

■5500年前頃 舞鶴付近で地震。液状化。(志高遺跡)
■5000年前頃 火山噴火と地震か。(中島ノ下遺跡)(第一東海自動車道遺跡群)
■3000年前頃 琵琶湖周辺で大地震。湖岸の一部が水没か。(北仰西海道遺跡)(津田江湖底遺跡)
■3000年前頃 箱根神山が爆発崩壊し、堆積物により芦ノ湖が生成される。(日本火山総覧)
■2千数百年前頃 近畿地方で地震か。(石田遺跡)

弥生時代

■B.C.100年頃 近畿地方で大地震。(北白川廃寺遺跡)(湯ノ部遺跡)(正言寺遺跡)(針江浜遺跡)(津田江湖底遺跡)(原川遺跡)
■B.C.100年頃 東海地方で地震か。(原川遺跡)
■0年頃 近畿から西日本にかけて地震か。(下内膳遺跡)
■西暦100年代頃 西日本で地震か。(黒谷川宮ノ前遺跡)(黒谷川郡頭遺跡)東海地方で地震か。(鶴松遺跡)
■200年代末 南海大地震か。(志紀遺跡)(黒谷川宮ノ前遺跡)(下田遺跡)

年表!日本災害・天変地異史1
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/54151934.html


記録に残っているものも数多い。

わが九州でも欽明十四年(553)この年、阿蘇山噴火(日本火山総覧)阿蘇溶岩流宇土、山口まで流れ出す。火山弾本州まで飛来・・とある。

日本中に災害があったのは、十分信憑性があるる

現代でも、短い期間に地震、津波が起っているのは、皆さんご存知である。

再度言う。

これだけ災害があったのに、古事記や日本書紀に、ノアの方舟規模の災害の記述がないほうが不思議だ。


縄文の人々

1万年以上も続いた縄文時代の人たちの心にも、日本の自然災害は大きな影響を及ぼしていると考える。

たぶん1万年の間、壊滅状態になるほどの被害も1度や2度ではなかったはずである。

しかし、生き延びてきた。

洪水は治水という対処方法がある。

しかし地震や火山の噴火、津波は対応がまったくない。

逃げるだけである。

ここが、他の世界の古代文明とまったく違うところだ。

そして、この事が、古代人の人間性や死生観、大きく言えば思想におおきな影響を与えた事は間違いないだろう。

しかし、なぜ日本の神話にはこの事にあまり触れていないのだろうか。


確かに神話に比ゆは多い。

ヤマタノオロチにしても大災害を比ゆ的に表現しているといわれている。

海幸彦、山幸彦の潮が満ちた話もそうだろう。

もちろん読み方しだいでは色んな解釈が出来る。


しかし、一番最初の国つくりの場面では

何もなかった所から神話はスタートしている。

なぜなんだろう。

日本神話

日本神話の国つくりがある。

「いざなぎ」と「いざなみ」が力を合わせて国を作る話である。

高天原の神々に命ぜられ、海に漂っていた脂のような国土を固めるべく、天の浮き橋から矛で海をかき回し、出来上がったオノコロジマにてイザナミと結婚した。ウィキペディア

「海に漂っていた脂のような国土を固めるべく」という話だが、これは大災害が起きた後の話ではないだろうか。

つまり、様々な災害があった後、その上に大和は国を作ったという話にしたかったのだ。

それもまた、大きな比ゆなのだろう。

過去、倭族と呼ばれていた倭人達の国があった。

大乱がありその後、邪馬台国という国でまとまった。

その後空白の4世紀がある。

そして大和の国が誕生した。

新しい国には新しい神話が必要だった。

新しい神話には邪馬台国などの倭族の国の話は、なかった事にしたのだ。

だから、国つくりの神話は「海に漂っていた脂のような国土」から

スタートしなければならなかった。


それともう一つ、大和を作った人々の祖先には、台湾・中国南部・東南アジアの人々がいた。

古事記にその事がしっかり盛り込まれている。


それが「いざなぎ」と「いざなみ」である。


大洪水の話は記紀には載っていないが、大洪水神話は中国の西南地方に住む苗族、彝族、ヤオ族などをはじめ、中国南部から東南アジア、太平洋にまで見られる。

そしてその神話とは

兄妹だけが大洪水から生き残り、樹木や山など高い物の周りを回ったあとに近親婚をして子供をもうけるものの、最初の子供は肉塊や動物であり、天や神から正しい交わり方を教えられて初めて人間の子供ができる。

だ。

驚く事に、この話は大和古事記の国つくり神話とそっくりだ。

国造り

古事記の「いざなぎ」と「いざなみ」は

その名前のつくりから明らかに兄妹である。

そして、最初に生まれた子は水蛭子(ひるこ)だった。


これはただの偶然ではない。

大和誕生のキーワードがここにあったのだ。

日本神話に、洪水や邪馬台国が出てこないのは、

大和が倭国を封じ込めて誕生した結果である。


大和は倭国と決別をするために

あの神話を作った。


「海に漂っていた脂のような国土」に「いざなぎ」と「いざなみ」の

兄妹は国を生んでいった。


洪水はあったのだろう。

しかし、大和の誕生はそれらがすべてを流し去った後から始まったのだ。


そしてそれは、大和の決意表明だったのかもしれない。

スポンサーリンク