邪馬台国とシャーロックホームズ

井沢元彦氏の本「常識の日本史」を読んだのですが、この点が明快に説明されていました。

あまりにも明快だったので、ここに書きます。  

テレビ番組で倭人伝は古代の中国の人が書いた報告書なので、中国の古代研究者に古代の発音で 邪馬台国を音読してもらったら、「ヤマド」と聞こえた。

井沢元彦氏

井沢元彦氏

だから、邪馬台国は「ヤマド」つまりヤマトなのだ。  

明快ですね。

まあ、古代の中国人の発音がわからないので、反論する学者が多くいる事は承知しています。

しかし、しかしですよ。  

なぜ「邪馬台国」という文字を「やまたい」と呼ぶのか、こちらの根拠もだされていないのです。  

明石散人

明石散人

明石散人氏の本にも同じ事を書いていました。

http://artworks-inter.net/ebook/?p=233  

古田武彦氏の説も納得する。

古田武彦

古田武彦

『 三国志・魏志倭人伝 』 には「邪馬壹国」と書いてある。

「邪馬台国」とは書いていないという説だ。

これも、明快な説である。  

僕が好きなシャーロック・ホームズもこう言っている。

「不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる」

この言葉、好きなんですよね・・  

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ

 
スポンサーリンク