文字を持たない国 古代日本とインカ

魏志倭人伝

魏志倭人伝

邪馬台国について不思議なのは、かなり文化度が高く、言語体系も確立していた国家なのに、文字を持っていないという事だった。

しかし、邪馬台国は、卑弥呼1代でも50年くらい平穏だった。

これはすごい事だと思う。  

今の日本は1年おきに総理大臣が替わるのだ。

卑弥呼政権は、まさに長期政権と言ってもいいだろう。

そんな国が、文字を持っていなかったのだ。

邪馬台国というと卑弥呼がワンセットになってしまうので、倭国という事にする。

いままで、強大な中国、矮小な倭国。そんな図式が頭に刷り込まれていたようだ。  

倭国は海洋国である。

中国大陸の事は知り尽くしていたと言ってもいいんだと思う。

倭人という範囲で捉えれば、大陸にも拠点があったという文献も多い。

倭国はもっとスケールの大きな国で、過去の中国の書物に書かれているとおり、理想郷に近いものがあったのかも知れない。

これは、たんに空想ではなく、事実のようだ。  

文献にある邪馬台国時代だが、ご存じの通り文献が何も残っていない。

中国側の文献が、唯一の手がかりというのが、その証拠である。  

倭国が「本気」で文字を使い始めたのは、奈良時代の頃。

万葉仮名と呼ばれる、日本語を表記するために漢字の音を借用して用いられた文字が最初だとおもう。

「本気」でと書いたのは、これまでも文字を使おうと思えば使える文化度があったのにという意味だ。  

一度使い始めると、日本は様々なアレンジを施す。

平安時代には万葉仮名から平仮名・片仮名を生み出す。

現代でも外来語を取り入れ、どんどん変化していくのは、日本人のDNAかも知れない。  

元に戻るが、なぜ倭国は文字を持たなかったのか。

『後漢書』「卷八五 列傳卷七五 東夷傳」に記述があり、後漢の光武帝が建武中元2年(57年)に奴国からの朝賀使へ(冊封のしるしとして)賜った印がこれに相当するとされる。(漢委奴国王印 – Wikipedia)

  アジアでナンバーワンの漢字の国とやり取りをし、金印までもらっちゃう国が、文字を持たなかったのである。

これほどのミステリーはないと思う。

結論は、意図的に文字を持たなかったのである。  

そんな国が他にもあった。

インカ帝国である。

(インカ帝国 – Wikipedia) インカ文明と呼ばれることもある。

その場合は、巨大な石の建築と精密な石の加工などの技術、土器や織物などの遺物、生業、インカ道を含めたすぐれた統治システムなどの面を評価しての呼称である。

(省略) インカ帝国は、被征服民族については比較的自由に自治を認めていたため、一種の連邦国家のような体をなしていた。

 どうだろう。

邪馬台国と似ていないだろうか。  

ご存じの通り、インカ帝国は内戦とスペインによる征服で、あっけなく滅んでいった。

(インカ帝国 – Wikipedia)

インカはかつては文字を持っていたが、迷信的理由により廃止したという説がある。

文字の代わりとして、キープと呼ばれる結び縄による数字表記が存在し、これで暦法や納税などの記録を行った。

近年になって、このキープが言語情報を含んでいる事が研究によって明らかにされている。

キープ

キープ

魏志倭人伝にも、邪馬台国の政治の仕組みが書かれていたり、税金を徴収し、市場が各地で開かれていたと記録されている。  

更に、女は慎み深く嫉妬しない。盗みは無く、訴訟も少ない。

法を犯した場合、軽い者は妻子を没収し、重い者は一族を根絶やしにする。

宗族には尊卑の序列があり、上の者の言い付けはよく守られる。(一族根絶やしは止めた方がいいと思うけど)

これほど、統制のきいた国はないだろう。  

文字など持たなくても、これくらいはちゃんと出来ていたのである。

いや、文字に変る伝達方法があったかも知れない。

もしかしたら、インカ帝国のようなキープに代わるものが、あったかも知れない。

ワラ算(日本)

(ワラ算 日本) 藁算の用語解説 – 藁に結び目を作って数量などを表す方法。

結縄(けつじょう)の一種で、沖縄では藺(い)やガジュマルの根などを用いて20世紀初頭まで行われた。

「言霊の国」というフレーズがある。有名な作家にも著書がある。

言霊(ことだま)とは、日本において言葉に宿るとされた霊的な力のこと。(言霊 – Wikipedia)

鬼道のエキスパート卑弥呼は言霊の力を熟知していたのだ。

だから文字を使わなかったのだ。 言葉には運命を支配する力がある。

言葉に霊の力があるのではなく、人の心がそうさせるのだ。

色即是空、空即是色。

月日は百代の過客にして行かふ年もまた旅人なり。

諸行無常。

日本人、いや倭人のDNAに刻まれた、もののあり方。

文字は書かれたときから、それを残す力がある。

なぜ残す必要があるのだろうか。

いい事もあるが、悪い事もある。

天秤にかけると「いらないんじゃないか」

日巫女も倭人もそれに賛同していたと考えてもいいだろう。  

いま、21世紀。コンピューター時代である。

コンピューターの言語は数字だ。

それも0と1しかない2進数の数字である。  

こんな単純な方法で人類は未来を開こうとしている。

言葉は大切だけど、文字は大切なのだろうか。

生きる上で必要なものは何かを「日巫女」は知っていたのかもしれない。  

スポンサーリンク