長崎の神社
釛山恵美須神社 神代の伝説と昔の稲佐の姿が残る

祭神 事代主命   飽の浦町(飽の浦神社前バス停)にある小ぶりながらも、伝説満載の立派な神社である。     新しい立て札と、銅板に文字を彫り込んだ石碑に、この神社の由来が書いている。   結構長いので、かいつまんで解説 […]

続きを読む
西の窓から
県庁裏のドライブスルーのPCR検査場

  ドライブスルー方式でPCR検査 長崎で開設 2020/4/23 西日本新聞   長崎県は23日、車に乗ったまま新型コロナウイルスの検体を採取するドライブスルー方式の「地域外来・検査センター」を開設し、運用を始めた。 […]

続きを読む
稲佐歩き
稲佐ジョイフルサンが5/27で閉店

最近丸尾町にエレナが出来たので、そちらばかりに行っていたが、昨日ジョイフルサンによったら、張り紙が出ていた。   5/27で閉店との事。   うーん、また稲佐が寂しくなるようだ。   ホームページで調べてみると、沿革 昭 […]

続きを読む
西の窓から
ツツジには毒がある 毒の話

長崎だけではなく、この季節にはツツジの花が目を楽しませてくれる。   サクラが散り始めてから咲くので、花のリレーを見るようで、見事なツツジの群生を見ると、写真を撮りたくなる。   ツツジ(躑躅)には毒がある 花を上手に採 […]

続きを読む
稲佐歩き
旭町のこがね橋 黄金伝説の島とえびす様

旭町商店街と丸尾町の間に、こがね橋という橋が架かっている。 特に目立つ橋でもないのだが、昔この橋の脇で、写真スタジオを経営していたことがあるので、強い印象がある。 この橋については、「長崎稲佐風土記 松竹秀雄/著」に少し […]

続きを読む
西の窓から
長崎の疫病退散の神仏 科学が証明する思念エネルギーの存在

テレビをつければ、ネガティブな内容ばかりで、事実のみを知りたいのに、変な連中の感想や考えも交じり、見ないほうがましかも。   まあ、現在の不満を、現政権に吐き出せば、溜飲が下がる人も多いのだろうが、悪意に満ちた言葉を聞け […]

続きを読む
長崎の神社
大原野神社 時津の感染症退治の摩利支天に祈る

長崎県西彼杵郡時津町野田郷607番 場所は時津のカナリーホール方面。カナリーホールに行かずに、道をまっすぐ進むと、手書きの看板がある。   孟宗竹の林の中に一の鳥居がある。石段の参道を結構上ると、ややこじんまりとした神社 […]

続きを読む
旅の道しるべ
新幹線の橋が宝町の空に架かる

ご存じ長崎新幹線の工事である。   長年宝町はバスや電車の乗り換えや、仕事場もあったのでなじみがある場所である。   その宝町に橋が架かるとは・・と、驚くと共に、これは見ておきたいと思い、早朝、ウォーキングの足を延ばし見 […]

続きを読む
長崎の神社
稲佐の弁財天 謎の稲佐神と原爆の爪痕

    小さいがちゃんとした神社である。   稲佐に住んでいて今まで知らなかったのが不思議なくらいだ。   その理由は路地の奥にあり、グーグルマップにはっきり書かれていないからである。とりあえず、グー […]

続きを読む
スケッチブック
抽象画を描く

相変わらず、気が向いた時だけお絵かきをするのだが、今回、面白いアプリを見つけて、購入。   それで絵をかいてみた。   Art setというipadのアプリだが、油絵や水彩画のアナログ感がリアルに表現できる。   油彩と […]

続きを読む
長崎の神社
矢上神社 古代の四面宮信仰と源氏為朝伝説

      〒851-0133 長崎県長崎市矢上町14-1   日見をこえて坂を下り、旧道をまっすぐ行き、銀行や公民館のある場所を少し過ぎたところに、矢上の交差点があり、その少し手前の山側にある。   長崎街道二十五宿の […]

続きを読む
稲佐歩き
稲佐サクラだより

2020年4月4日の稲佐サクラ便り   全体的に見て七分咲だろうか。     平地の桜は満開のもあるが、やはり緑の葉が目立つものもある。それでも華やかである。   4日は青空だったので、稲佐山に行ってみると、公園は子供た […]

続きを読む
稲佐歩き
稲佐署が閉署 稲佐から守護神が去る

稲佐警察署が閉署へ 132年の歴史に幕 https://www.fnn.jp/articles/-/27132   稲佐警察署は1888年に梅香崎署稲佐分署として開署したという。   1888年は明治21年である。それま […]

続きを読む