長崎の歴史
電停名の変更 正覚寺と崇福寺について

 長崎市内で路面電車を運行する長崎電気軌道(同市)は8月1日、35年ぶりに電停の名称を変更。「築町」を「新地中華街」にするなど全39カ所中13カ所を対象とした。1915(大正4)年の運行開始以来、最大規模の電停名変更。 […]

続きを読む
旅の道しるべ
本物の中国 国宝崇福寺 

崇福寺(そうふくじ)は、長崎市にある黄檗宗の寺院。大雄宝殿と第一峰門は国宝建築である。興福寺・福済寺とともに「長崎三福寺」に数えられる。 歴史寛永6年(1629年) 長崎で貿易を行っていた福建省出身の華僑の人々が、福州か […]

続きを読む