旅の道しるべ

ご存知地獄温泉である。

雲仙には紅葉を見に行ったのだが、この場所を歩かないと雲仙に来た気がしない。

そこで、仁田峠の帰りに車を駐車場に止め散策することにした。

旅行者のマナー

平日行ったのだが、白人や ...

旅の道しるべ

古賀の藤棚の写真素材 アートワークスフリーフォト

古賀の藤棚

長崎から四里七町(16.3km)、諫早から三里十八町(13.6km)の距離で、郷土人形として有名な古賀人形の小川家は中里町のこの地にあり、

旅の道しるべ

長崎帆船まつりの写真素材 アートワークスフリーフォト

港町長崎に国内外から大型を含む数々の帆船が集結する日本で随一の帆船イベント。
期間中は帆船が真っ白な帆を広げる「セイルドリル(操帆訓練)」、船内を見学

旅の道しるべ

唐津城の写真素材 アートワークスフリーフォト

唐津城は、佐賀県唐津市東城内にあった日本の城。
唐津市街の北部に位置し、松浦川が唐津湾に注ぐ河口の左岸、満島山に位置する。唐津湾に突き出た満島山上に本丸が配さ

旅の道しるべ

呼子の朝市の写真素材 アートワークスフリーフォト

大正の初期ごろ始まったとされている呼子の朝市は「日本三大朝市」として有名。正月元旦だけが休みであとは年中無休。朝7時半から11時頃まで、山海の幸をそろえた出店が並

旅の道しるべ

名護屋城跡の写真素材 アートワークスフリーフォト

名護屋城は豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際して出兵拠点として築かれた城です。1592(文禄元)年の開戦から秀吉の死で諸大名が 撤退するまで、7年の間大陸侵

旅の道しるべ

浜野浦の棚田の写真素材 アートワークスフリーフォト

平成11年 農林省主催の「日本の棚田百選」に選ばれる。平成19年NPO法人地域活性化センターが実施する「恋人の聖地」に認定される。(※恋人の聖地プロジェクト)平

旅の道しるべ

鷹島の写真素材 アートワークスフリーフォト

鷹島(長崎県)

九州北西部の伊万里湾口にある島。全島が長崎県松浦市に属する。元(モンゴル帝国)が日本に襲来した古戦場として知られる島。

&nbs

旅の道しるべ

風頭公園と竜馬の写真素材 アートワークスフリーフォト

長崎駅より東方3キロメートルに位置し、標高151.9メートルの風頭山を公園とし、ハタ揚げの名所として市民に親しまれている。また、展望台からの眺望や桜、あじさい

旅の道しるべ

轟峡・轟渓流の写真素材 アートワークスフリーフォト

轟峡・轟渓流(とどろききょう とどろきけいりゅう)
多良岳に水源を発する「轟渓流」は、水量が豊富で奇岩に恵まれた大小30余りの滝がある県下有数の清流であ

旅の道しるべ

九十九島の写真素材 アートワークスフリーフォト

九十九島(くじゅうくしま)は、長崎県の佐世保市、平戸市にかけての北松浦半島西岸に連なるリアス式海岸の群島である。全域が西海国立公園に指定されている。島の総数は現在公

旅の道しるべ

森きららの写真素材 アートワークスフリーフォト

西海国立公園九十九島動植物園は、長崎県佐世保市にある市営の動物園・植物園である。以前は近くにある山・石岳(197m)から石岳動植物園という愛称で親しまれていた。20

旅の道しるべ

長崎の繁華街から近い場所にある。

近いといっても、そこそこあるのだが近いイメージがある。

ゴチャゴチャした町で、狭い入り組んだ路地で構成されていて、昔の長崎の風情を感じられる。

有名な場所もあり、風 ...

旅の道しるべ

長崎県亜熱帯植物園の写真素材 アートワークスフリーフォト

1966年(昭和44年)に開園。長崎半島の最西南端の野母崎に位置し、約1,200種類、45,000本の亜熱帯植物を有する。施設はカスケード、大温室、ハイビ

旅の道しるべ

滝の観音の写真素材 アートワークスフリーフォト

平間町/長滝山霊源院内
正式には長瀧山霊源院という禅宗の一派である黄檗宗の寺院。
市街地から矢上方面へ行く途中、川平へと抜ける道沿いにある「滝の観音

旅の道しるべ

2017年1月28日(土)~2月11日(土) 中国の旧正月を祝う行事「春節祭」を起源とする、長崎の冬の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」

長崎新地中華街をはじめ、湊公園、中央公園、眼鏡橋周辺、浜市・観光通りアーケード ...

旅の道しるべ

五島高浜ビーチの写真素材 アートワークスフリーフォト

日本一美しいといわれる砂浜を持つ全国的にも有名な高浜海水浴場。マリンブルーの遠浅ビーチ。

五島市三井楽町貝津1054-1

 

旅の道しるべ

三井楽・辞本涯の写真素材 アートワークスフリーフォト

空海記念碑 辞本涯(じほんがい)柏崎灯台や姫島を背にして建てられている空海の像と辞本涯の碑。遣唐使にゆかりのある三井楽町と第16次遣唐使船で唐に渡った空海が深