カメラマンエッセイ

超有名なお経である。

西遊記の三蔵法師が天竺から持ってきたもので、三蔵法師玄奘が訳をし、音写した呪文だ。

これが呪文の部分。

羯帝羯帝波羅羯帝  波羅僧羯帝
ぎゃていぎゃていはらぎゃてい は ...

カメラマンエッセイ

荘子(そうじ 紀元前369年 – 紀元前286年)は、中国の戦国時代の宋国の蒙に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる人物である。荘周(姓=荘、名=周)

 

荘子を読めば素晴らしい言葉 ...

カメラマンエッセイ

 

最近貧困老人とが下流老人という言葉が飛び交っている。

自分が60を過ぎ、さてどう生きようかと模索している時だけに、心をひっかく言葉だ。

金持ち爺さんと貧乏爺さんなんて言葉もある。

カメラマンエッセイ

G7(ジーセブン)は、”Group of Seven“の略で、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダの7つの先進国のことである。

この会議で目指したものはG7各国が状況に応じて ...

カメラマンエッセイ

映画を良く見るのだが、外人の多くが腕などに刺青を入れている。

 

外人は刺青が好きなんだなと思っていたが、最近やたらに目に付くようになった。

入れ墨(いれずみ)とは、針・刃物・骨片などで皮 ...

カメラマンエッセイ

アップルは本当に終わったのか?

デジモノステーションの記事に対して     最近「アップルは終わった」という記事を雑誌で見かけるようになった。

スティーブジョブズが亡くなってからのアップルの動向が気になっていた ...

カメラマンエッセイ

長崎市が無料で行なっている健康診断(メタボ検査)の結果の事である。  

検査を受けた病院から説明が無かったので、郵送で自宅に送られて来ると思いまっていたが、3ヶ月たってもこない。

さすがにおかしいと思い、市役所 ...

カメラマンエッセイ

お好み焼きは大好きなのだが、大阪のお好み焼きや広島風といわれているお好み焼きに違和感がありました。

それは、僕の中学生時代(昭和40年代)に、みんなと食べていたお好み焼きと違うからです。  

今みたいに、カップ ...

カメラマンエッセイ

2016/2/12 NHKで日本の若者と韓国の若者との討論会のようなショーが放映された。

過激な討論会というわけではないが、やはり現在の日韓関係を連想させられるような空気があったのは事実である。

日韓について、 ...

カメラマンエッセイ

 

外国の浴槽の外で身体を洗う。

ステテコとスリッパでホテルの中の廊下やロビーを歩き、朝食のレストランに来る。

これは40年前の農協ツアーを代表として、バブル期の日本人の団体海外旅行の話です。

カメラマンエッセイ

今年は2016年で申の年、メインのシンボルランタンは孫悟空です。

12年前の長崎ランタンフェスもやはり、シンボルランタンは孫悟空。

(2004年の孫悟空)

その当時撮影したフリーフォトを掲載しました ...

カメラマンエッセイ

2月7日 あぐりの丘上空を鶴が集団で飛んでいました。 北帰行です。 友人の解説では、

これから上昇気流に載るのだそうです。 ラッキーでした。

(鹿児島県出水平野から繁殖地のシベリアに向かって北帰行中のツル)

カメラマンエッセイ

「相撲は契丹の格闘技が日本に伝わってきて相撲の原型になった」と記述している。

契丹は4世紀から14世紀にかけて、満州から中央アジアの地域に存在した半農半牧の民族である。

日本の4世紀というと、古墳時代にあたる。 ...

カメラマンエッセイ

先日、会合で初めて「佐世保キャンディーズ」のお嬢さん達を見ました。  

私の東京のカメラマンアシスタント時代、本家キャンディーズに会ったことがあります。

ツマゴエ解散コンサートの合宿の取材で、カメラマンの先生と ...

カメラマンエッセイ

先輩が関わっている、NOMAD( ノマド)という団体に参加させてもらった。

NOMADとは英語で遊牧民という意味らしい。

森林を整備する作業を国から請け負って、行動している任意団体である。

昨日、初 ...

カメラマンエッセイ

いつものように8時30分を長崎を出て、諫早の仕事場に行くのだが、バイパスにのったとたん渋滞になった。

事故による交通規制と思い、舌打ちしたが、1時間ほどのろのろ運転が続いた。

普通10分程度でバイパスを出るのだ ...

カメラマンエッセイ

テニスプレイヤーで何時も元気な、面白いタレント

錦織の応援団で、テレビ画面ではハイテンションのキャラを演じている人

そんな風に思っていた。

ふと、「(日めくり)まいにち、修造」が評判になっているとい ...

カメラマンエッセイ

  観測史上最高の積雪があった2016年1月25日 長崎は予想通り麻痺状態である。

毎度のことなのだが、大雨だったり、夏の酷暑が続いたりすると、長崎だけではなく、日本中の町が麻痺してしまう。